備前焼ギャラリー

備前焼ギャラリー山麓窯では、備前焼の窯元らしいお手頃な作品から、有名作家の作品までご用意しております。
一部は通信販売もしておりますが、是非、実物をお客様の目でお確かめ下さい。
1階ギャラリーでは、人間国宝や若手作家、新進気鋭の作家などの作品を展示・販売しております。

備前焼作家の作品


●山麓窯で備前焼作品取り扱い中の作家一覧

故)金重 陶陽 故)藤原 啓 故)山本 陶秀 故)藤原 雄 当代)伊勢崎 淳  
黒田 儀男 木戸 明彦 柴田 好浩 大澤 恒夫 脇本 博之 竹中 健次
友利 幸夫 金重 素山 藤原 楽山 各見 政峯 伊勢崎 満 金重 道明
隠崎 隆一 浦上 善次 その他多数      
気になる作家の備前焼があったら、作家の作品も通信販売可能です。
通信販売の備前焼作家のコーナーからご覧下さい。


【黒田儀男】

1949年 北海道生まれ
1981年 備前焼窯元山麓窯に入る
1991年 長船町に築窯・初窯
1998年 日本工芸会正会員になる
受賞歴 日本伝統工芸展・日本陶芸展・焼き締め陶公募展・陶芸ビエンナーレ・朝日陶芸展・茶の湯の造形展・岡山県展各入選など
花入・壷・扁壷・食器類などを得意とする。特に扁壷や徳利に打ち出されたシャープなラインには黒多氏の特徴となり、丁寧な作りが自慢。

一覧へ戻る

【木戸明彦】

1956年 生まれ
1978年 備前焼窯元山麓窯に入る
1989年 和気町に築窯
受賞歴 岡山県展入賞・日本伝統工芸展・日本伝統工芸中国支部展・日本陶芸展各入選など
ロクロの他、手捻りも得意とする。作品は大壷からとても繊細で軽く小さなものまで幅広く、薄く軽い作品は絶品。

一覧へ戻る

【柴田好浩】

1964年 兵庫県生まれ(祖父は木村一陽)
1983年 叔父 木村隆明に弟子入り
窯元松園・山麓窯でも修行
1997年 和気町に築窯・初窯
受賞歴 岡山県展奨励賞・日本伝統工芸展・日本伝統工芸中国支部展・日本陶芸展・茶の湯の造形展・一水会陶芸展・焼き締め陶公募展各入選など
甕や壷など大型の作品に加え、花入・皿・鉢など日用品も得意とするが、ヒダスギの大壷や力強い大甕は若手の中ではトップクラス。

一覧へ戻る

【大澤恒夫】

1962年 秋田県生まれ
1982年 末石泰節に師事
1997年 和気町に穴窯を築窯
受賞歴 岡山県美術展県展賞・陶芸ビエンナーレ・岡山県美術展・一水会陶芸展・茶の湯の造形展各入選など
古備前の力強さ。柔らかさを生かした作風。現代なのになぜか古備前に見える作品が多く、古備前ファンには堪らない作風の作家。

一覧へ戻る

【脇本博之】

1952年 長崎生まれ
1981年 山下譲治に師事
1990年 長船町に築窯・初窯
1997年 日本工芸会正会員になる
受賞歴 焼き締め陶公募展大賞・陶芸ビエンナーレ奨励賞・一水会陶芸展佳作賞・日本伝統工芸支部展中国支部長賞など。日本陶芸展・茶の湯の造形展・一水会陶芸展・焼き締め陶公募展・日本伝統工芸展・朝日陶芸展各入選など
紐づくり、刳貫きで成形した造形花器や酒器を得意とする。焼けにも特徴があり、多くの作品に同じデザインでありながら、くっきりと酸化焼成と還元焼成の二種類の焼けを出す作家の第一人者。

一覧へ戻る

【竹中健次】

1957年 岡山市生まれ
備前陶芸センターを経て
1988年 伊勢崎淳に指示
1993年 半地下式穴窯を築窯
1994年 初窯を出す
受賞歴 岡山県岡山市長賞・県展賞・日本伝統工芸支部展山陽新聞社賞・日本伝統工芸展・茶の湯の造形展・朝日陶芸展・焼き締め陶公募展・一水会陶芸展各入選など
ジュエリーデザイナーから転身。赤・白・黒の発色の変化と、色々な土を使うことにより視覚だけでなく、触覚でも楽しめる茶陶。酒器、食器、花器など伝統的な物の他、斬新な物も手掛ける。デザイナーズ備前焼と表現したいほど箱書きの文字に至るまで全てをデザインして備前焼の概念にとらわれない色とデザインを感じられる作家。
一覧へ戻る

【友利幸夫】

1965年 沖縄県宮古島生まれ
1984年 沖縄 津波山陶房で修行
1987年 末石泰節に師事
1999年 穴窯を築窯・初窯
受賞歴 日本伝統工芸展中国支部展・茶の湯の造形展各入選など
土と焼けの味わいを表現するのが上手く、ろくろとたたらづくりで花器、食器を製作。作品はおおらかで、同じ型、大きさを2つとして作れない作風。どことなくくせが同じで、まとまっている雰囲気が人気の作家。

一覧へ戻る

その他にも、気になった作家がございましたら、お気軽にご相談ください。

▲このページのTOPへ